カブキグラス®

双眼鏡の概念を超えた「高性能&高機能」

KabukiGlasses®

Patent #6259795

The Ultimate Theater & Sports Binoculars

双眼鏡の概念を超えた高性能

サンテプラス SANTEPLUS

en

プロダクト情報

カブキグラス

カブキグラス®

劇場好きが創った究極のオペラグラス

www.kabukiglasses.com
フレックスクッション

フレックスクッション®

体の硬い人も骨盤を立て、股関節周辺を楽にストレッチ!

www.santeplus.jp

主要メンバー経歴

CEO & 商品開発者 坂田直明

1995年 立教大学社会学部卒業
2003年 HEC Paris経営大学院(フランス)経営学修士課程(MBA)修了

1971年生まれ。大学時代は相撲部主将。1995年松下電器産業(株)(現パナソニック)入社。海外の販売網開拓に従事。2003年から日本ミシュランタイヤで営業部長等を歴任。2006年5月にサンテプラス㈱を設立。相撲の「股割り」をヒントにフレックスクッションを開発。フィットネス業界のヒット商品になる。海外在住時から観劇が趣味で2年かけてカブキグラスを開発。立教大学相撲部の監督を2017年から4シーズン、総監督を2021年から3シーズン務めた。
<商品開発者として>⇒ カブキグラス誕生秘話

アドバイザー 沼澤秀雄(立教大学スポーツウェルネス学部教授)

1986年 順天堂大学体育学部体育学科卒業
1988年 順天堂大学体育学研究科(コーチ学専攻)修士課程修了

1963年生まれ。1992年から立教大学にて教鞭をとる。生理理学的な指標を用い、スポーツ選手の競技力向上をテーマにした研究を行っている。選手時代、1987年400mハードル日本選手権3位の経歴を持つ。三菱浦和フットボールクラブ(現浦和レッズ)のフィジカルコーチや立教大学陸上部ヘッドコーチを歴任。現在、立教大学スポーツウェルネス学部の教授を務める。
<沼澤秀雄教授の活動>⇒ 立教大学のホームページ内

会社概要

会社名

サンテプラス株式会社

~ 会社名の由来 ~
「SANTE(フランス語)=健康」と「PLUS(フランス語)=もっと」をつなげた造語

設 立 2006年5月15日
資本金 1,000万円
所在地 <本社>
〒651-0087
神戸市中央区御幸通4-1-10
YAYAビル6階
TEL. 078-855-7778
代表者 坂田 直明
事業内容
  • 光学機器&劇場関連グッズの開発&販売
  • フィットネス器具の開発&販売
  • 経営コンサルティング
関連会社 SANTEPLUS, LLC (米国カリフォルニア州)
ホームページ
お問い合わせ info@santeplus.jp
百貨店VIP催事
出品実績
  • 三越「逸品会」14回出品(会場:ホテルニューオータニ)
  • そごう西武 「高輪会」7回(会場:高輪グランドプリンス)
  • そごう西武「関西 高輪会」4回(会場:リーガロイヤルホテル)
  • 伊勢丹「丹青会」(会場:ホテルニューオータニ)
  • 髙島屋「大豪華展」(会場:京都国際会館)
  • 岩田屋「定番品コレクション」
取引先
&
採用実績

~ カブキグラス®

  • 外務省 広島G7サミット事務局
  • 外務省
  • オリックスバファローズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 広島東洋カープ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • New York メトロポリタン歌劇場(米国)
  • San Franscisco Opera(米国)
  • B&H Photo Video(米国)
  • Adorama(米国)
  • ドレスデン歌劇場ゼンパーオーパー(ドイツ)
  • パリ オペラ座(フランス)
  • コメディ フランセーズ国立劇場(フランス)
  • MEDAS Instruments(フランス)
  • ローマ三越(イタリア)
  • 株式会社 三越伊勢丹
  • 株式会社 JALUX
  • 株式会社 カタログハウス
  • 株式会社 千趣会
  • (財)新国立劇場運営財団
  • (財)日本相撲協会
  • 宝塚クリエイティブアーツ
  • 帝国劇場
  • 松竹株式会社
  • 歌舞伎座サービス株式会社
  • 株式会社 明治座
  • 演舞場サービス株式会社
  • 株式会社 三省堂書店
  • 株式会社 そごう西武
  • 株式会社 高島屋
  • 株式会社 阪急阪神百貨店
  • 株式会社 ジェイアール西日本伊勢丹
  • 株式会社 名古屋三越
  • 株式会社 岩田屋三越
  • 銀座蔦屋書店
  • 株式会社 ヨドバシカメラ
  • TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
  • 二子玉川蔦屋
  • 株式会社 トキハ(大分)
  • 株式会社 大和(金沢市)
  • 株式会社 リウボウインダストリー(沖縄)
  • 株式会社 八ヶ岳高原ロッジ
  • 三越伊勢丹ニッコウトラベル
  • JTBグランドツアー
  • JTBスポーツマーケティング
  • 株式会社カナエ
  • 東京電力パワーグリッド
  • 東京電力タウンプランニング
  • 関西電力グループ
  • かんでんエンジニアリング
  • 東北電力グループ
  • 中部電力グループ
  • 中国電力グループ
  • 九州電力グループ
  • 大阪ガスネットワーク
  • JR東日本
  • ネクスコ東日本エンジニアリング
  • ネクスコ・エンジニアリング東北
  • ネクスコ・エンジニアリング北海道
  • 首都高技術株式会社
  • 阪神高速技術株式会社
  • 本四高速道路ブリッジエンジ株式会社
  • 川崎重工業 明石工場
  • トヨタ 元町工場/三好工場
  • 横山基礎工事

~ フレックスクッション®

  • 財団法人 日本サッカー協会
  • 株式会社ティップネス
  • コナミスポーツクラブ株式会社
  • セントラルスポーツ株式会社
  • 株式会社ウェルネスフロンティア(JOYFIT)
  • 株式会社ルネサンス
  • 株式会社メガロス
  • 株式会社 東急スポーツオアシス
  • 株式会社オージースポーツ(コスパ)
  • 株式会社東京ドーム
  • その他、フィットネスクラブ多数
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 読売巨人軍
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックスバファローズ
  • 京都パープルサンガ
  • 横浜Fマリノス
  • ジュビロ磐田
  • 川崎フロンターレ
  • 福島大学陸上競技部
  • 旭化成陸上部
  • 富士通陸上競技部
  • トヨタ紡織陸上部
  • 国士舘大学柔道部
  • 東海大学柔道部
  • 財団法人 日本卓球協会
  • 財団法人 日本体操協会

他、多数

会社の歩み

2006年5月 会社設立
相撲の「四股・テッポウ・摺り足・股割り」をエクササイズ化した「Sumo Core Exercise」開発し、国際相撲連盟の推奨をいただく。
2006年10月 相撲の「股割り」をヒントに開発した「フレックスクッション」の商品化と発売開始。
2007年12月 伊勢丹新宿メンズ館7階にフレックスクッションが採用される。体験コーナーも設置される。
2010年3月 米国に販売会社SANTEPLUS, LLCを設立。トレーニング&リハビリ流通のPerformBetter社とMedco Sports Medicine社との取引スタート。
2011年3月 東日本大震災からの復興への応援の気持ちとして、日本赤十字社ら複数団体に30万円を寄付。
2011年4月 がんばれ福島!を実践する福島大陸上部の川本和久先生の「速い走り方教室」を幼児向け体育指導の㈱ジャクパと共に協賛開催。
2011年5月 カブキグラスの商品開発スタート。
2013年2月 福岡ソフトバンクホークスの東浜投手、五十嵐投手、ペーニャ選手がカブキグラスを掛けているシーンがスポーツ新聞4誌に掲載された。
2013年3月 カブキグラス発売開始(3月27日)
・日本橋三越本店4階で先行発売開始。
2013年4月 テレビの3番組でカブキグラスが紹介されました!
・フジテレビ「アゲるテレビ」
・テレビ東京系 WBS「トレたま」
・ABC朝日放送「おはよう朝日です」
2013年5月 ニッポン放送「ザ・ボイス」で紹介されました。
カブキグラス、意匠登録されました。
NHK番組「おはよう日本」で紹介されました。
2013年7月 阪神タイガースのルーキー、藤浪晋太郎投手が、カブキグラスを掛けているシーンが複数のスポーツ新聞で掲載。
2013年10月 伊勢丹メンズ館でカブキグラスの取扱開始。
2013年11月 明治座でカブキグラスのレンタルサービスがスタート。
新橋演舞場でカブキグラスの取扱開始。
2013年12月 伝統工芸の「金沢の24K純金箔」と「加賀蒔絵師・吉田華正の蒔絵&漆」を施したカブキグラス高級版「雲錦」「赤富士」を発売開始。
2014年1月 読売巨人軍の岡崎2軍監督が、カブキグラスを掛け、新人視察している写真がスポーツ報知に掲載。
NHK教育テレビ「大!天才てれびくん」で紹介されました。
2014年3月 野鳥の専門誌「BIRDR4月号」でカブキグラスのオートフォーカス、明るさと解像度の高さが絶賛される。
2014年4月 JAL World Shoppingカブキグラスが掲載。
2014年8月 国際鳥類学会(IOC 2014)に出展。
2014年9月 阪急うめだ本店での取扱開始。
阪神タイガース特別版を発売開始。
2014年10月 ローマ三越(イタリア)でカブキグラスの取扱スタート。
2015年1月 JAL機内販売誌にカブキグラスが掲載。
2015年4月 世界最高峰の1つメトロポリタン歌劇場(ニューヨーク)のショップでカブキグラスの取扱スタート。
2015年5月 米国のプロ用カメラ専門店「B&H」で、カブキグラスの取扱スタート。
2015年10月 新国立劇場で、カブキグラスのレンタルサービスが始まる。
2016年3月 外務省への納入が始まる。
2016年4月 宝塚大劇場の「キャトルレーヴ宝塚」、東京宝塚劇場の「キャトルレーブ東京劇場」でカブキグラスの取扱開始。
2016年8月 タカラヅカ・スカイステージの番組にて、宙組の実咲凛音さん、桜木みなとさん、和希そらさんがカブキグラスを紹介する。
2016年11月 ドイツの名門ゼンパーオーパー(ドレスデン歌劇場)にて、カブキグラスの販売とレンタルが始まる。
2016年12月 帝国劇場にて、カブキグラスのレンタルと販売が始まる。
2016年12月 ドイツの有名オペラ情報誌DAS OPERNGLAS(2017年1月号)で、カブキグラスと開発者の坂田が大きく紹介される。
2017年1月 JALの機内通販誌に、カブキグラスが再登場。
2017年1月 フランスのオペラ座(ガルニエ宮)と1680年に創立された伝統あるコメディ・フランセーズ劇場でのカブキグラスの取扱いがスタート。
2017年1月 自然や星空観察で有名な高級別荘地「八ヶ岳高原ロッジ」にて、カブキグラスの取扱がスタート。
2017年3月 西武ライオンズ(プロ野球)の全スカウト&スコアラーに、カブキグラスが導入される。
2017年12月 カブキグラスに「特許査定」が出て、特許登録。
2018年8月 カナダのBird Expoに出展。世界的に著名な作家で愛鳥家のマーガレット・アトウッドさんと共にバンクーバーの地元メディアに掲載される
2019年1月 両国国技館にて、本場所開催中に、2階席での「カブキグラス貸出」のサービスが始まる。
2019年1月 米国メジャーリーグのスカウト協会のコンベンションに出展。
2019年2月 関西電力がカブキグラスを導入。以後、東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、中国電力へ納入。
2019年9月 米国New York メトロポリタン歌劇場のロゴ入り劇場限定モデル発売開始。
2019年9月 歌舞伎座の劇場内売店での取扱開始。
2021年7月 東北楽天ゴールデンイーグルス(プロ野球)のスカウト向けにカブキグラスを納入。
2022年10月 NEXCO東日本グループ(高速道路)の点検部隊にカブキグラスを納入開始
2023年1月 瀬戸大橋の点検部隊にカブキグラスを納入
2023年3月 首都高速道路の点検部隊にカブキグラスを納入
2023年4月 ドローン専門誌がカブキグラスを特集
2023年5月 G7広島サミットにて、カブキグラスが参加国首脳の配偶者向けの贈呈品に
2023年6月 FMラジオJ-WAVEにてジョン・カビラさんと商品開発者の坂田が対談
2023年7月 フランスの双眼鏡専門店への輸出開始
フランスではパリ・オペラ座に続く輸出に
2023年9月 Tokyo FMやFM Osaka等の全国FMにて華道家 池坊専宗さんと商品開発者の坂田が対談
2024年1月 プロ野球オリックスバファローズの全スカウトにカブキグラスを納入。
阪神高速道路の点検部隊にカブキグラスを納入。